トップ

不動産鑑定士に関する情報

不動産の専門的分野の人

土地や建物の評価に関する専門的分野の人に不動産鑑定士と呼ばれる人々が存在します。それらの人々は国家資格を取った上で国土交通省にある名簿に登録して、土地や建物の適正な価格の形成に資することを目的として、その経済的価値評価を行っています。鑑定士は国などによる地価公示制度で基準地と呼ばれる土地の価格が調査され、公示されています。土地や建物などの評価額を出す場合には、収益還元法や原価法、取引事例比較法などの方式に従って、又これらの方式が併用されて算出されます。その他、不動産の相続税課税の際や競売事務の際にも参加することもあります。

月極駐車場はお近くで探しませんか?
会社や自宅、希望場所で探すには大変便利なサイトです。全国から住所でピンポイント検できます。希望の条件で検索!

鑑定士になるのは難しい

鑑定士というと何を鑑定する人を思い浮かべますか?骨董品?絵画?刀?、いろいろな鑑定士がいますが、不動産を鑑定するには国家試験を通らなければいけません。この試験はかなり勉強しないと合格しません。司法試験ほどではないですが、かなりの難関です。でもこの難関を通ったからといって事務所を開いても仕事がどんどん来るわけでわありません。通常世間で売買されている土地・建物の価格は不動産会社に聞けば教えてくれます。鑑定士が必要なのは、裁判になっている物件の価格鑑定のときなど、何らかの理由で公に認められる形式によって価格提示したいときだけです。